モンスターハンターの為のハンティング講座

日々の生活を記したメモ。 いつもOpera(ブラウザ)で編集してるけどスタイル崩れまくり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エラーを削減したSSD(記憶媒体)メモリ

みなさんのPCの中にはHDD(ハードディスクドライブ)かSDD(ソリッドステートドライブ)が入っていると思います。中には入って無い人も居るかもしれませんが。
PCでは安価なHDDが主流ですが、携帯電話やデジカメなんかはフラッシュメモリ、つまりSDDが主流です。
そんなSDDの高性能化を研究しているグループが開発に成功しました。

ディペンダブルVLSIシステムの基盤技術
東京大学 大学院工学系研究科の竹内 健 准教授、慶應義塾大学 理工学部の黒田 忠広 教授と石黒 仁揮(イシクロ ヒロキ) 准教授らの研究チームは、非接触型のソリッド・ステート・ドライブ(SSD)メモリ注1)の研究開発において、エラーを飛躍的に削減し、電力を半減以下にするデータ変調技術と、伝送線路結合を用いた世界最速の非接触インタフェースを世界で初めて開発しました。
JST共同発表-原文まま

細かく見てみると、
エラー95%削減
43%の低電力化
近接通信(多分1mmの距離)で通信速度は12ギガビット/秒(1.5GB/S)
接触時間が一瞬でも読み取れるような、そんな仕様ですね。

日本の技術は世界一ぃ!!!って言っとけばいいと思ってる。

あ、世界的に見てみるとそんな高性能通信を求めてるのは日本だけみたいですから、1人勝ちする分野かもしれません。

PCの場合、非接触の記憶媒体は使いませんよねー。
基本的に直付けです。直付け。
で、その速度はシリアルATA(よく使われる接続端子)の場合は
最速で転送速度 6Gbps(実効速度600MB/s)
6Gbpsってのは、6ギガビット/秒(0.75GB/S)ですねー。

って、明らかに今回開発された装置は超えてますね・・・。
マジで回線速度がボトルネック過ぎます。。。
※実際はちょっと違うんですが、気にしなくてもいいです☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsmh.blog114.fc2.com/tb.php/539-68787aba

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


Lv150から上がらなくなりました
( ・ ω・){少尉になったよ!まさかトップになれるんじゃ)

戦車の次は何にしよう・・・。

Appendix

かな

かな

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。