モンスターハンターの為のハンティング講座

日々の生活を記したメモ。 いつもOpera(ブラウザ)で編集してるけどスタイル崩れまくり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の風刺漫画

前回の記事に引き続き、サンデー漫画系でお送りするかなりあのHT(ハンティング)講座。

現在マガジンで連載中の「絶望先生」の作者、久米田康治さんの作品について取り上げてみたいと思います。

なぜサンデー系といいつつマガジンの作家なのかというと、前作、「かってに改造」の頃がサンデーでした。私が久米田さんの漫画を好きになったのもこの頃です。
当時は下ネタが多い作品でしたが、後半になると社会風刺が目立つようになってきました。絶望先生の土台と言っても良いかもしれません。

私が思うに、社会風刺を含む風刺作品でこれほど的確な表現をする人は日本では久米田さんぐらいのものでしょう。
とある新聞のライターやテレビのコメンテーターなど。保身前提のコメントで風刺をし、一般世論に耳を傾けすぎていますからね。
しかしながら、独特であればいいというわけでもありません。的確でなければただの頭のおかしい人ですから。
そこのバランスが凄く良いのが、今連載中の『絶望先生』であり久米田さんの作品な訳です。


今週のマガジン掲載絶望先生

なんか、作画がおかしくないです?^^;
バランスが悪いというか、なんというか。
まぁ、その程度の評価は取り上げたテーマで全部覆せるんですがね。
今回は「ルールを作る側。作られる側」をテーマに社会風刺。まさに日本の現状ですね。
会社なんて良い例ですね。従業員は奴隷のようなもんです。

いつもながらにうまいなーと思う次第なのですが。更に、ちょっと思ったことが。

作画が綺麗なときは、風刺ネタが弱い。
作画が上手くできてないときは、風刺ネタが強い。
こんな感じな気がする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsmh.blog114.fc2.com/tb.php/352-505b19bb

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


Lv150から上がらなくなりました
( ・ ω・){少尉になったよ!まさかトップになれるんじゃ)

戦車の次は何にしよう・・・。

Appendix

かな

かな

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。